アービトラージに適した仮想通貨取引所(取引手数料0.1%以下)

概要

System descriptionで2つの取引所間(業者間)でのアービトラージのプログラムの説明いたしました。

ccxt(仮想通貨取引所を横断的に扱えるライブラリ)で様々な取引所を扱える中、取引手数料が安い取引所を一覧にしています。(アービトラージでは取引手数料の安さがかなり重要)。

実行環境と適用方法

自動取引を行うアルゴリズムは前回と同じこのpythonのコードです(適宜更新中)。

setting.iniの[EXCHANGE1]か[EXCHANGE2]のNAMEの欄に、各取引所のccxtコード(後述)とその取引所でのAPIキーを入力することで、ccxtが対応している取引所間でのアービトラージが可能になります。

(※取引所の対応についてはコードのSystem descriptionを参照。エラーで止まったら報告ください。できるだけ修正します)

手数料0.1%以下の取引所リスト

取引手数料(taker fee)が安くて(0.1%以下)ある程度以上大きな取引所は、

Bit-z 0.1%

HitBTC 0.1%

Kucoin 0.1%

Coinegg 0.1%

Zaif 0.1% (BCHのみ0.3%)

Bibox 0.1% (BIXトークンで支払うと0.05%)

Binance 0.1% (BNBトークンで支払うと0.05%)

などが挙げられます。以下、取引所の規模(volume、2018/04/12時点)と、それぞれの取引所でよく取引されていて使えそうなペアを適当にピックアップしています。

各取引所の傾向

Bit-z

taker fee 0.1%
volume 20,234 BTC
中国の大手取引所。
BTCに対してETH, TRX, EOS, BCH, LTC, DASH, LSKなど。サーバーのレスポンスも速め。
ccxtでのコードはbitz。

HitBTC

taker fee 0.1%
volume 19,895 BTC
イギリスの取引所。
BTC, USDTに対しての ETH, BCH, XMR, DASH, XRP, EOS, LSK, TRXなど多くのメジャーな通貨ペアを持っている。 ccxtでのコードはhitbtc2。

Zaif

taker fee 0.1% (BCHのみ0.3%)
volume 12,372 BTC
日本の取引所。扱っている通貨ペアこそ少ないが規模はそこそこある。BTC/JPY、XEM/JPY、MONA/JPY、XEM/BTC、ETH/BTCなど。

BTC/JPYに限ってはtaker feeが-0.01%でわずかながらキャッシュバックまであるので、USD/JPYの為替レートを参考にBTC/JPYとBTC/USDTでアービトラージを組んでみるのもいいかも。
サーバの品質が悪いらしいので注意が必要。
ccxtでのコードはzaif。

Coinegg

taker fee 0.1%
volume 7,698 BTC
メジャーどころがそろっている感じ。ETH/BTC、NEO/BTC、TRX/BTC、BCH/BTC、LSK/BTC、XRP/BTC、LTC/BTCなど。
ccxtでのコードはcoinegg。

Kucoin

taker fee 0.1%
volume 4,705 BTC
時期Binanceとか呼ばれてる?割には規模が小さい。メジャーどころでは ETH/BTC、BTC/USDT、ETH/USDT、NEO/BTCなど。
ccxtでのコードはkucoin。

Bibox

taker fee 0.1% (BIXトークンで支払うと0.05%)
volume 7,424 BTC
手数料が仮想通貨取引所最安値の0.05%(Binanceと同じ)の取引所。かなりマイナーな草コインが多く板があんまり動かないので、よく取引されているUSDT/BTCやUSDT/ETHで使うのがいいかも。三点アービトラージができる可能性あり。サーバーのレスポンスも速め。
ccxtでのコードはbibox。

Binance

taker fee 0.1% (BNBトークンで支払うと0.05%)
volume 187,382 BTC
前回の記事でも紹介した超巨大取引所。レスポンスもいいし手数料も安いので片方はこれにするといいと思う。BCHはないけど主要なコインはだいたいある感じ。
ccxtでのコードはbinance。

2018/04/27追記:BinanceでのBitcoin CashはBCHではなくBCCの名前で扱っていたようです。(config.iniで通貨を指定するときはBCHと書いてください)

取引所の選定

取引所ごとに市場にあるそれぞれの仮想通貨の総量はかなり違っていて、他の取引所では大量に取引されている通貨ペアが他の取引所ではぜんぜん取引されていない、ということもままあるようです。
板が薄すぎると注文がスリップしやすくなるのと板が動かないので裁定機会が減りそうなことには気をつける必要がありそうですが、厚ければいいかというと、今度は鞘があんまりなかったりして、なかなか一概には言えそうにありません。
手数料が高い取引所間では大きな鞘が発生している可能性もありますが、手数料が安くて試しやすいこのリストから選んで試してみてはいかがでしょうか。

shin3をフォローする
System trading topics
タイトルとURLをコピーしました