MT4導入

インストール

以前 は、MT 4、MT 5 ともに 開発元 の MetaQuotes 社 の ウェブサイト より ダウンロード でき まし た。
しかし 現在、 MT 4 について は、 MetaQuotes 社 の ウェブサイト での 提供 は 終了 し て い ます。
ただ、 メタ トレーダー を 採用 し て いる ほとんど の FX 業者 では、 MT 4 を 取引 ソフト として 提供 し て い ます。
MT 4 を 利用 する 場合、 各 FX 業者 の ウェブサイト などから 入手 する こと になり ます。
ダウンロード や インストール、 デモ 口座 の 開設 方法 などは、 各 FX 業者 により 異なり ます。
詳しく は、 お 使い の FX 業者 の 案内 に 従っ て ください。

使い方

まず、MetaTrader4 を起動させて下さい。最初は時間足の設定です。MetaTrader4 の上部の
真ん中辺りに、M1、M5、M15……と書いてあるボタンがあります。これを左クリッ
クするとチャートの時間足が変わります。これはMが分足、Hが時間足、Dが日足、Wが
週足、MNが月足です。例えば、M15なら15分足になります。

次はインジケーターの表示方法です。MetaTrader4 の中央の左の方にあるナビゲーターの
罫線分析ツールの中から好きな物を選んでチャートにドラッグすれば使えます。

現在取得しているポジション、または口座履歴を表示する場合は、メニューの表示から
ターミナルを選んでください。取引タブには現在取得しているポジション、口座履歴には
これまで売買してきたポジションが記録されています。

次は手動売買の仕方です。手動売買は自動売買をする場合は特に必要はありませんので、
手動売買を必要としない場合はこの項目は飛ばしてください。
まず、チャートの上で右クリックを押してください。一番上に注文発注というのがありま
すので、その中にある新規注文を選んでください。

上記の画像のような新しいウィンドウが出てきたと思います。成行き注文の場合は、その
まま普通に入力して行き、真ん中の「新規取引:成行き売り」、もしくは「新規取引:成
行き買い」を選べば売買注文が出来ます。少し注意が必要なのが数量で、1.00 で 10 万通
貨です。1 万通貨にしたい場合は 0.10 を選んでください。
指値か逆指値の注文をしたい場合は、真ん中辺りにある注文別種:と書かれた所を「成行
注文」から「指値または逆指値注文」に変えてください。下の方にあった成行注文だった
場所が、指値または逆指値注文に変わりますので、そこで必要なものを入力して行き、最
後に送信を押せば注文が通ります。

次に決済注文の仕方です。デフォルトの設定の方は下の方にターミナルと書かれたウィン
ドウがあると思いますので、一番下のタブから取引を選んでください。ターミナルが出て
いない方は、MetaTrader4 の一番上にあるタブから表示を選択し、中にあるターミナルを
選んで下さい。ターミナルの中に持っているポジションが表示されていると思いますので、
そのポジションを選び右クリックを押して、中にある決済注文を選択して下さい。

先程の売買注文の時と同じウィンドウが出てきたと思います。ここでたまに間違ってしま
う人がいるのですが、買いポジションを持っているからと反対の「新規取引:成行売り」
を選んでしまう人がいます。決済注文をするには、その下にある「決済取引」を選ばなく
てはなりませんので、間違えないで下さい。

システムの導入

システムの導入方法です。まず、システムを導入する MT4 を立ち上げて下さい。次に
MT4 のメニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択します。

MT4 の参照するフォルダが立ち上がります。このフォルダの中の MQL4 フォルダを開い
てください。

そのフォルダの中に Experts フォルダがありますので、その中にシステムを入れてくださ
い。インジケーターの場合は Indicators フォルダに入れてください。

システムとインジケーターともに、拡張子が mq4 と書かれたものと、ex4 と書かれたもの
の二つがありますのが、二つともフォルダに入れてください。
mq4 はソースファイル、ex4 は実行ファイルとなります。特典のシステム、インジケー
ターは ex4 ファイルのみですが、動かす分には ex4 ファイルのみあれば問題ありませんの
でご安心下さい。mq4 のファイルはプログラムの中身を変更するときに使います。
※注意!
システムは「システム」という名称のフォルダに入れて納品させて頂いております。
「システム」という名称のフォルダをそのまま「Experts」フォルダに入れるのではなく、
「システム」フォルダの中身を「Experts」フォルダに入れてください。

バックテストの仕方

バックテストの仕方です。まず、MetaTrader4 を起動させて下さい。次に、MetaTrader4 の
上部にある新規注文の左側にある虫眼鏡のアイコンを左クリックして下さい。(もしくは
メニューの表示からストラテジーテスターを選んでください)

すると、バックテストをする時に使う、テスターという画面が出てきます

まずは、テスター画面の一番上にあるエキスパートアドバイザーを選んで注文されたシス
テムを選択します。エキスパートアドバイザーはバックテストで使うシステムを決定しま
す。次は通貨ペアを選びます。バックテストしたい通貨ペアを選んでください。
次にモデルですが、これは、システムの売買ルールのシグナルが出た時の判断を出た瞬間
にするのか、その足が終わった時にするのかというものです。例えば、一時間足の移動平
均線のクロスを売買ルールにしていた場合、全ティックにしていたら移動平均線がクロス
して買いシグナルが出た瞬間に買いますが、始値のみにしていた場合は、その一時間足が
終わって次の一時間足が現れるまで買いません。また、次の時間足になった時に、移動平
均線が下がってしまってクロスしていない状態になったら買いません。
それぞれの利点は、全ティックなら機会を逃さず出遅れずに売買出来るのですが、その分
ダマシが多くなります。始値のみは、ダマシは少なくなるのですが、シグナルが出たとき
に少し出遅れます。コントロールポイントは全ティックと始値のみの中間みたいなもので
す。

基本的に全ティックがバックテストの中では一番信用度が高いです。ただ、全ティックは
バックテストに時間がかかりますので、始値のみである程度パラメーターを絞り込んだ後
に、全ティックで検証してみると効率が良いと思います。
次に、右のほうにある期間です。これは足の時間を決めるためのものです。調べたい時間
足に設定して下さい。最後に、右下のスタートを押してみましょう。プギュ~という、可
愛らしい音がなったら終了です。左下の方にある、グラフというタブを押してください。
グラフでシステムの成績が視覚的に分かります。

次に、グラフの横にあるレポートを押してください。ここにはシステムのバックテストの
データが出力されます。

このデータで取引回数、PF、損益、最大ドローダウンなど色々なことが分かります。

次に、グラフの左隣にある結果を押してください。時間の最初の所を見てもらえれば分か
ると思いますが、おそらくバックテストの最初の日付がここ数年前ぐらいになっていると
思います。MetaTreder4 は、インストールした段階ではレートのデータがほとんど入って
いませんので、業者からダウンロードする必要があります。一度ダウンロードすると次か
らはもう大丈夫です。
まずダウンロードしたい通貨ペア・時間足のチャートを表示して下さい。次にチャート上
で右クリックをしてから更新を選んでください。次に、MetaTreder4 のツールの中にある
ヒストリーセンターを選んでください。

新しいウィンドウが開きます。このヒストリー・センターは業者によって若干内容が異
なっているのですが、基本は同じですので応用してください。
まず、ダウンロードしたい通貨ペアを選んでください。

ダブルクリックして、中にある通貨ペアを選び、下のほうにあるDownloadを選ん
でください。注意を促すウィンドウが開きますので OK を押してダウンロードを開始して
ください。ダウンロードの状況を示すバーが下のほうに出ますので、そのバーが無くなれ
ばダウンロード完了です。

終わったら、またチャート上で右クリックをしてから更新を選んでください。
最後に、もう一度バックテストを行い、さっきと同じように結果を確認して下さい。
取引回数が増えたと思います。これでデータが保存されている分のバックテストは出来る
ようになりました。期間を指定したい場合は、日付と時間を使用というのがありますので、
そこに期間を入力してやって下さい。また、バックテストの元金などを変更したい場合は、
テスターの右上にあるエキスパート設定で変更できます。

システムが正常に動かない場合

※良くあるご質問
1:売買がされません。(デモトレード、バックテストの場合)
デモトレードの場合はターミナルの操作履歴タブ、バックテストの場合はテスターの操作履歴タブ
にエラーメッセージが表示されている場合が御座います。

2:売買がされません。(リアルトレードの場合)
証券会社によっては、リアル口座で自動売買システムを稼動させるのに特別な申請がいる場合が
あります。
デモトレードやバックテストでは稼動するが、リアルトレードでは稼動しない場合、この可能性があり
ますのでご確認下さい。
申請が必要かどうかは、お手数ですがご利用になられている証券会社にお問い合わせ下さい。
3:表示されているカスタムインディケーターと売買のタイミングが違う。
システム内部にある、インディケーター用のパラメーターと、チャートで表示しているインディケー
ターのパラメーターが同じパラメーターになっているかをご確認下さい。
システム内部にある、インディケーター用のパラメーターとチャートで表示しているインディケー
ターのパラメーターが違うと、システムはシステム内部のパラメーターで計算しますので、ポジショ
ンを取るタイミングが変わってきます。
表示させるインディケーターとシステム内部のインディケーター用パラメーターは同じものにすれ
ば、解消される場合があります。
※最低 pips について。
ストップロス、リミット、指値注文についてですが、各証券会社ごとに最低 Pips というものが設定さ
れています。
大体の証券会社は数 pips となりますので、10pips+スプレッド分あれば基本的に問題ありません。
最低 Pips 未満のストップロスとリミットを付けた場合はストップロス、リミットを入れることが出来ず、
指値注文の場合は注文自体がキャンセルされます。
ストップロスとリミットは証券会社指定の pips 以上か、もしくは使用しない場合は0を入力して下さい。
(最低 Pips の詳しい値はお手数ですが、各証券会社にお問い合わせ下さい)

shin3をフォローする
System trading topics
タイトルとURLをコピーしました