Python

MT5とPythonを連携 その5

今回は、トレンドの中でも確率的なトレンドとは何か?を調べてみました。 よかったら参考にしてくださいね。
Python

MT5とPythonを連携 その4

お疲れ様です。 前回は、トレンドを理解するでしたが、今回は「線形回帰」をモデル化してみました。 参考になればいいんですけど・・・。 まあまあとりあえず
Python

MT5とPythonを連携 その3

お疲れ様です。MT5とpythonの連携のドキュメンテーションを確認していると、関数・変数などで注文などできる機能があるみたいです。 データサイエンスなどのご紹介で終わるかと思っていましたが、自動売買や売買シグナルなどが作れそうです...
Python

MT5とPythonを連携 その2

前回の続編となります。
Python

MT5とPythonを連携 その1

お疲れ様です。 7月からは、MT5とPythonを連携のテーマでいこうかと思います。 上記の記事を読んで頂けるとpythonとの連携するパッケージが手に入ると思います。 MT5とPythonを連携のテーマを選...
indicator

インディケータで売買シグナルを作る その2

ストラジーテスターを使う ストラジーテスターというのは、過去のチャートをつかってエキスパートアドバイザ(EA)のテストするツールです。前回の記載した全体コードをコンパイルしたファイルを保存します。チャートのどこかで右クリックしてくだ...
indicator

インディケータで売買シグナルを作る その1

お疲れ様です。 本日は、6月の最終日ですね 6月最後の記事は、タイトル通りの内容になっています。 今までインディケータの総まとめというか基本的な売買シグナルのプログラムの組み方を解説したいと思います。 ローソク足が...
indicator

MT5 インディケータの作り方 その13

前回の続きですね。 ArrayMaximum、ArrayMinimum関数 ArrayMaximum関数は期間内の配列の中の最高値のインデックスを返します。 int ArrayMaximum(high,i,AroonPe...
indicator

MT5 インディケータの作り方 その12

おはようございます。ちょっと、一息がなんだかんだ言って6月は、MT5 インディケータの作り方で終わりそうな気配です。 では、本日からAroonインディケータの解説です。 Aroonインディケータは仮想通貨の取引ソフトにも採用さ...
indicator

MT5 インディケータの作り方 その11

お疲れ様です。それでは、前回の続きですね 自作コードであれば、パラメータの順番はすぐにわかりますが、ZigZagなどそうでないものは、実際にinputの順番を確認しなければなりません。確認の方法は、一度インディケータを適用して「イン...
タイトルとURLをコピーしました